Heisei, emoi. - Snapo -

Canon EOS R, SIGMA fp, iPhone XSで写真を撮っています。

グローバルナビゲーション試験運用中

[令和の写ルンです]SIGMA fpにUtulens(写ルンですレンズ)を装着する

SIGMAから発売されているフルサイズミラーレス一眼カメラ『SIGMA fp』に、使い捨てフィルムカメラ『写ルンです』のレンズを再利用したレンズ『Utulens』を装着したら最強なんじゃないか。
そんな名案が思い浮かんだ華金の深夜。

はじめに

SIGMA fpとは?

www.sigma-global.com

日本のメーカーSIGMAから2019年に発売された、フルサイズミラーレス一眼カメラです。
世界最小のフルサイズミラーレスで、その特徴的なデザインやコンセプトが人気です。

写ルンですとは?

www.fujifilm.com

『写ルンです』とは、FUJIFILMから販売されている使い捨てフィルムカメラ(正確にはレンズ付きフィルムと呼ぶらしい)です。

昭和の終わり頃に発売され、平成の中頃まで流行ったカメラです。
コンビニとかにも売ってて、修学旅行とかに持っていったイメージ。

ズームやシャッタースピードなどは固定です。
フィルムですから、写真にするには、写真屋さんや昔のコンビニなどで現像してもらう必要があります。

レトロな感じの写真が撮れるということで、最近、ブームが再燃しているようです。

Utulensとは?

『写ルンです』には、プラスティックの小さなレンズが使用されているんですが、GIZMONというメーカーが、それを再利用してミラーレス一眼カメラ向けに交換用レンズとして製品化したものです。

様々なミラーレスカメラのマウントに対応していますが、SIGMA fpのライカLマウント用は用意されていません。

SIGMA fpにUtulensを装着して令和の写ルンですを構成しよう

このSIGMA fpにUtulensを装着したら、最高のフルサイズスナップカメラ、つまり”令和の写ルンです”(言いたいだけ)が誕生すると思いついたのです。

そのままでは装着できない

まず、AmazonでUtulensを検索します。
しかし、Utulensのマウント選択肢には、SIGMA fpに採用されている”ライカLマウント”の選択肢はありません。
つまり、そのままでは装着できないということです。

Utulensはどのマウントを購入してもL39マウントである

実は、Utulensはどのマウントを選んで購入しても、L39マウント(ねじ式のライカスクリューマウント)なんです。

ちょっと何言ってるかわからない。

Utulensは、写ルンですレンズが埋め込まれたL39マウントのレンズ本体と、選択したマウントに対応するL39マウントアダプタのセットが基本構成になっています。
つまり、L39マウント-ライカLマウントのアダプタがあれば、SIGMA fpにUtulensは装着できるのです。

L39-ライカLマウントアダプタは焦点工房のアダプタしかない

そこでL39-ライカLマウントアダプタを探すわけですが、焦点工房のものしか見つけられませんでした。

ということで購入します。

焦点工房 SHOTEN L39-L/SLマウントアダプタ

焦点工房の製品を購入するのは初めてでしたが、思っていたよりも質感が良いパッケージと外観です。

https://takanone.one/wp-content/uploads/2020/08/MG_0679-scaled.jpg

装着してみる

SHOTEN L39-L/SLマウントアダプタにUtulensを装着してみた感じです。

https://takanone.one/wp-content/uploads/2020/08/MG_0683-scaled.jpg

これレンズついてるの? レンズキャップと間違えてない? と思うほど、コンパクトです。

いよいよ、これをSIGMA fpに装着します。

https://takanone.one/wp-content/uploads/2020/08/MG_0684-scaled.jpg

コンパクトデジタルカメラかな?

https://takanone.one/wp-content/uploads/2020/08/MG_0685-scaled.jpg

非常に小さく、非常に似合います。

横から見ると、そのコンパクトさが際立ちます。

https://takanone.one/wp-content/uploads/2020/08/MG_0686-scaled.jpg

SIGMA fp × Utulens まとめ

こんな面倒なことをして何がいいのか。
最大の魅力は、エモい写真が撮れること。
それも、フィルムの残数を気にしないで。
そして、撮った写真をデジタルデータとして保存できる。
最強。

ということもあるんですが、ただのロマンであったりもします。
最後にSIGMA fp × Utulensで撮ったスナップ写真を作例として載せておきます。

作例

https://takanone.one/wp-content/uploads/2020/08/FP00224-scaled.jpg

https://takanone.one/wp-content/uploads/2020/08/FP00248-scaled.jpg

https://takanone.one/wp-content/uploads/2020/08/FP00263-scaled.jpg